電験三種 電験ブログ 電験二種

【2022年度版】電験三種、電験二種 合わせて読みたい参考書

電験三種、電験二種で使える参考書・テキストを紹介します。
ここでは、「電験参考書」として銘打って出版されているものではなく、通常の参考書と合わせて読むことでより理解が深まるものを紹介します

電験用の参考書というのは過去に出題された問題とその傾向を考察して作られたものであり、この知識に囚われすぎると、

色の違う問題に出会したときに全く手が出ないということになってしまいます。

また、通常の参考書では図解が少ないため、普段、電気主任技術者の業務を行なっていない人にとっては、想像でやり過ごしているものもあると思います。

電気主任技術者試験は、深く網羅的な知識が必要なため、色々な本を読んでいただきたく、ここで紹介させていただきます。

電験三種、電験二種のおすすめ参考書については以下の記事を参考にしてください。

【2022年度版】電験三種おすすめ参考書・テキスト

💡電験三種のテキストを紹介します。電験三種のテキストで重要なのは中身のレベルです。初学者に ...

続きを見る

【2022年度版】電験二種一次試験おすすめ参考書・テキスト

第二種電気主任技術者試験一次試験で使用する参考書・テキストを紹介します。電験二種一次試験は ...

続きを見る

【2022年度版】電験二種二次試験おすすめ参考書・テキスト

第二種電気主任技術者試験の二次試験で使うおすすめの参考書・テキストをご紹介します。電験二種 ...

続きを見る

①これだけは知っておきたい電気技術者の基本知識(電気書院)

オススメ度★★★★☆

最近、電験界隈で名前が挙がる参考書です。


発変電、送配電、施設管理、電気機器、電気応用、パワエレまで広範囲を掲載しています。


それぞれのテーマに対して基本的な内容から深い内容まで、初学者にわかりやすく図表を多く取り入れて解説してあるのが特徴です。

電験二種二次試験論説問題に適応した内容になっています。


これを使ってメインに学ぶよりもプラスαの参考書として使うのが良いと思います。


また、電験二種にとどまらず、電験一種や技術士を目指す方にとっても買っておきたい参考書の一冊です。

特徴

①手持ちの問題集、参考書を読み尽くした、読み飽きたという方にはオススメの一冊
②図表が多く、これまでよくわからなかった部分も解決する可能性がある
③電験一種や技術士試験、電気主任技術者としての成長を視野に入れている方には適した参考書


②電気管理技術者の絵とき実務入門(オーム社)

オススメ度★★★★

自家用受変電設備の計画の仕方や保守点検、測定など、電気主任技術者の仕事内容をまとめてあります。

新任電気主任技術者にとっては必読の一冊です。

また、電気主任技術者になる前にどんな仕事をするのか知りたい方にとっても適しています。

こういった電気主任技術者の実務に着目した本は数少なく、これから電気主任技術者になる方も既に選任されている方にも読む価値がありです。



また、受験者が読むことで、通常の参考書の理解度が格段に深まります。

参考書で学習した内容がどう実務で使われるのかを理解することができます。

実務をイメージして学習することで、電験の勉強がただの暗記ではなく、しっかりとした知識として身に付来ます。

第二種電気主任技術者試験二次試験の対策用としても読んでおきたい一冊です。

メリット

①電気主任技術者の実務を学べる(実務系の本は少ない)

②電験参考書での学習が実務内容とリンクし、理解度が深まる

③実務の基本について記されており、これから電気主任技術者を目指す方や既に選任の方にとっても基本を抑える重要な内容となっている

③電気機器概論(実教出版)

オススメ度★★★★★

直流機、誘導機、同期機、変圧器、パワーエレクトロニクスについて学習するための教科書です。


おそらく、工業高校〜専門学校で使用されるレベルの教科書ですが、非常にわかりやすく書かれており、電気主任技術者試験の範囲もしっかり網羅しています。

おそらくこの「機械分野」は初学者にとって天敵であり、特に電動機は最もイメージしにくい分野だと思います。

この教科書では、初学者がとっつきにくいこれらの分野について、原理・構造・特性を図を用いて解説しており、

機械分野の理解を深めるのにぴったりの教材です。


特に図解は非常に丁寧で、私はこれを読んでいて、「そういうことだったのか!」と納得した部分がいくつもありました。

特徴

①電動機、変圧器、パワーエレクトロニクスについての初学者向け教科書

②電験の参考書に書かれた内容を深掘りしてわかりやすく解説してある、試験範囲にも合致している。

③図解が非常にわかりやすい

④大写解 高圧受電設備 施設標準と構成機材の基本解説(オーム社)

オススメ度★★★★☆

高圧受電設備の基本から実務までを解説してあります。

2つ目に紹介した「電気管理技術者の絵とき実務入門」よりも、電気受電設備に着目しています。
(両方合わせて読むのがおすすめ)

実際に使用される機器や材料の写真・図を全ページフルカラーで解説してあり、目で見て理解ができるようになっています。


また、設備の操作方法(VCBやLBS等)についても分かりやすく記載されており、実務を意識しての学習ができます。

特徴

①全ページフルカラーで電気受電設備について解説

②設備の仕様や原理、操作方法について詳しく記載(これから電気主任技術者を目指す方は必読レベル)

③図解が非常にわかりやすい(構造や原理を知ることで電験の試験対策にもなる

  • この記事を書いた人

もち

メーカーで電気主任技術者やってます。1993年生まれ。保有資格:第三種電気主任技術者、第二種電気主任技術者、エネルギー管理士、ガス主任技術者(甲種)、第二種電気工事士 お問い合わせは↓より

-電験三種, 電験ブログ, 電験二種

© 2023 もちブログ Powered by AFFINGER5